企業から見た採用活動

すべての採用活動は営業と面接の場

スポンサーリンク

さて、企業は採用活動として、面接や筆記試験以外にも、セミナーやOB訪問、インターンシップなど、さまざまなものを学生に提供しています。これが行われる目的をタテマエを抜きにして考えてみましょう。

結論から言うと、企業は、限られた時間の中でできるだけ優秀な学生が欲しいと思ってるため、これらの採用活動は、どれも①営業②面接の二つの意味を持っています。

①営業について

企業は優秀な学生確保のため、より多くの学生に興味を持って欲しい(=志望して欲しい)と思っています。セミナーやOB訪問で自分達の業務のすばらしさやおもしろさ等を伝えることで、学生に自分達の良さを売り込んでいるのです。これは学生のイメージどおりでしょう。

②面接について

一方で、企業は優秀な学生を絞り込みます。限られた時間で採用活動を行うには、優先順位をつけて採用活動を進めなければなりません。そのため、学生と接する機会があれば、面接のように何らかの評価を行うのが普通です。評価するポイントは形式によってさまざまですが、よくよく考えれば、学生と接する機会があるのに評価しないのはムダな話だと思いませんか?


この②面接の視点は、企業から言うことが少ないためか、欠けている学生は多く、その中には運悪く二度と呼ばれない人も多くいます。 特に最近は企業の採用数が減っているため、準備不足がすぐに致命傷になってしまう場合もあります。まずは、どんな時期や名目であっても、評価されている・見られているという意識を持つようにしてください。大企業はそこまで甘いモノではありません。

次は、これらの視点を踏まえ、企業の採用活動別に、評価されるポイントや対策をみてみましょう。

採用活動別のポイントと対策

スポンサーリンク