秘訣③ 面接力と面接術の向上

慣れではどうにもならないポイントを理解しよう

スポンサーリンク

さて、企業が採用活動でどのように評価を行い、学生のどんなポイントを見ているかはだいたい理解したと思います。

ここでは、面接においてどのようにアピールすればよいか?の方法論をみてきます。
どのように準備してどのように示すか、ですね。

これがわからないままでは、いくら場数を踏んでも一向に面接力は向上せず、ダメな学生はダメなまま延々と撃沈し続けることでしょう。

もちろん学生によって知識や経験は違うので、「学生時代このサークルでこう頑張ったから…」などと具体的な解答まで示すことはできませんが、これから示すことを意識して自分で解答を作ってみるだけでも、企業から好評価をもらい、内定をゲットする確率は大幅にあがります。

また、これから示すポイントを意識した上で準備をすると、場数を踏むことで準備不足の部分が浮き彫りになるため、場数を踏めば踏むほど面接力が向上していきます。何も考えずにただ数をこなすのではなく、予習、本番、復習を繰り返し、確実に内定を取りに行ってください。

目次

志望理由




スポンサーリンク